2010年05月31日 16:21

マクベスエバンスペタルウェア




今日はマクベスエバンスのペタルウエアのご紹介です。
マクベスエバンスはグラス会社のマクベス社とエバンス社が合併し1927年から40年まで作られていたそう。その間、1937年に今のパイレックスで知られているコーニング社に買収されています。製造期間が短い上に、人気の高いブランドで、中でもペタルウェアパステル3バンド↑は状態の良い品がなかなか見つからない状態です。

こちらは バンドの無いタイプです。ボウルも用意しています。
カップ&ソーサーも数客あります。 マクベスエバンスの人気はやはり薄手のミルクグラスで作られているので、ミルクグラス(不透明)なのに、テーブルが透けて見えるというところでしょうか。ファイヤーキングなどのミルクグラスと違い、紅茶や有色の飲み物を入れなくても、日光やライトを照らさなくても繊細な透け具合が楽しめる、大人のミルクグラスです。 

こちらはアイボリーです。 ペタルウェアとは、ペタル=花びら で、花びらのようなトリムが施されていることからペタルウェアとされたようです。 
スープカップ&ソーサーもあります。マクベスエバンスは、愛知県瀬戸市の倉庫では状態の良いマクベスエバンスペタルウエアをご用意しています。

愛知県瀬戸市水無瀬町の倉庫で2010年7月中旬から
約一ヶ月ミルクグラスを販売します。
大量に出しますので、見ごたえがあると思います。詳細
はこちらのブログ、または、ホームページ
http://www.twindolphin.jp/にてお知らせいたしま
す。
  

Posted by DoodleDiary │コメント(8)

2010年05月30日 13:36

フォゲットミーノットと木箱


今日はファイヤーキングのフォゲットミーノットシリーズの紹介です。
1964~66年の短い期間に製造されていたのでこのシリーズはなかなか見つからないアイテムです。画像にある以外にはローフパン、マグやカスタードカップなどの瀬戸市の倉庫に出展します。

          クリーム&シュガー(ミルクとお砂糖入れ
“Forget me not”とは「わすれな草」で、アメリカのアラスカ州の州花にもなっています。誠実、友愛などの象徴として親しまれている花です。


             スープボウル(左)とデザートボウル(右)


1930~1960年代までこのチーズボックス(木箱)でプロセスチーズを入れて売られていました。こちらも沢山販売いたします。大手ボーデン社、クラフト社などのチーズボックスは軽い木材で作られていますので、持ち運びも楽にでき、小物入れや植物を入れたりと、インテリアの脇役として大活躍してくれます。 アンティークキーも販売いたします。  

Posted by DoodleDiary │コメント(0)

2010年05月29日 15:28

フィルスベリーのドゥボーイ

今日はフィルスベリー社のマスコット人形ドウボーイです。
英語ではパンやクッキー生地など、小麦粉や強力粉で作った生地のことを“Dough”(ドゥ)と呼ぶので、ドウボーイ。日本語で言うなら、粉男くん・・・水滴いや、ちょっとイメージ違うな・・・あはは汗。とにかく、ドゥボーイのファンは多く、フィルスベリー社のドゥボーイを集める人は多いです。これは誰が見てもかわいくて、ついつい集めてしまいたくなります。かく言う私もキッチンにドゥボーイくんがいたりします^m^ ドウボーイのレアなファイヤーキングマグも揃えています。↑の画像参照




作られた年代によってドゥボーイの顔が少しずつ違います。ドウボーイファミリー(ドウボーイには家族がいます!)は1970年代にラバードールが作られ始めました。キランこちら↑はソルト&ペッパー(塩コショウ)入れです。




こちらの寝そべっているドウボーイは、スプーンレスト(調理器具のおたま置き)です。




Strong on Safe(安全対策はばっちりです)のファイヤーキングマグをもう一度カメラクッキージャーやラバードールなどありますので、是非見に来てくださいね。



愛知県瀬戸市水無瀬町の倉庫で2010年7月中旬から
約一ヶ月ミルクグラスを販売します。
大量に出しますので、見ごたえがあると思います。詳細
はこちらのブログ、または、ホームページ
http://www.twindolphin.jp/にてお知らせいたしま
す。
  

Posted by DoodleDiary │コメント(0)

2010年05月28日 08:19

キンバリーシリーズ

 

今日はキンバリーマグとシリアルボウルの紹介です。
アンカーホッキング社のファイヤーキングの中でもよく知られているキンバリー。
キンバリーマグは別名ダイアモンドマグと呼ばれていて、アメリカ国内全土でよく見かけられたマグです。「ダイアモンド」と呼ばれるには由来があるそうで、それは南アフリカのキンバリーという土地がダイアモンドの産地で、ダイアモンド鉱石をイメージして作られたんだとか。なのでダイアモンドパターン(ダイヤの模様)なのだそう。




キンバリーシリーズは1942~76年に製造され、割れにくいマグとして定評です。
そして、その凹凸のある形や豊富な色も人気のひとつです。確かにごつごつしているけど、実際に手にしてみると女性ぽくはないけど、決して男性用でもない。・・女性を魅了するダイヤの柄だから?しっしっし




ダイアモンド柄のぽつぽつ加減や色の種類もあります。同じ色でも色の吹きつけ方が違うので、自分好みの色合いを探すのがお勧めです。ちなみに私はアボカドの中身の色(黄色交じりの緑色)にリムは濃い緑が入っているのが好きです。

特に凹凸のあるキンバリーシリーズは、割れにくいと定評ですが、突起部分ははげやすいので、その部分をこすらないように洗ってあげたいです。それか、色を吹き付けられていない白のミルクグラスまたはアンバーもあります。 レアなものではクリアピンクなどありますが、残念ながらそちらは瀬戸市の倉庫にはでないです笑顔汗





愛知県瀬戸市水無瀬町の倉庫で2010年7月中旬から
約一ヶ月ミルクグラスを販売します。
大量に出しますので、見ごたえがあると思います。詳細
はこちらのブログ、または、ホームページ
http://www.twindolphin.jp/にてお知らせいたしま
す。
  


Posted by DoodleDiary │コメント(0)

2010年05月27日 14:27

ジュエルボックス(ジェダイ)




今日の画像は、ジェダイジュエルボックスです。
食器意外の小物入れも作っていたアンカーホッキング。蓋を開けるとジェダイのリフよりカクカクした長方形のボックスになっています。その名の通りにジュエリーを入れたり、生花やドライフラワーなどを入れて楽しんだり用途は計り知れないかわいいボックスです。 ただ、このジュエルボックスは一つだけ難点が・・・




それは、蓋の部分が欠けやすいのです。号泣 真上から蓋をすれば大丈夫なのですが、蓋を斜めからとか、直角から本体や硬いテーブルに置いたりすると、”ぱりん・・・”と小さなカケが出来てしまい「ひぃぃっびっくり」となるので、このジェダイやビトロックのジュエルボックスまたはパウダーケースの蓋は要注意!鍵なのです。 そんな繊細なジュエルボックスも瀬戸市の倉庫に並びますので、是非見に来てくださいね。

愛知県瀬戸市水無瀬町の倉庫で2010年7月中旬から
約一ヶ月ミルクグラスを販売します。大量に出し
ますので、見ごたえがあると思います。詳細はこち
らのブログ、または、ホームページ
http://www.twindolphin.jp/にてお知らせいたします。
  


Posted by DoodleDiary │コメント(0)

2010年05月26日 10:01

グラスベイクのスモーキーベアマグ

カテゴリ:グラスベイク

”森林火災を防ぐ為に。” スモーキーベアマグ

スモーキーベアはアメリカ農務省森林局が作った山火事防止のマスコットキャラクターです。1940年にアメリカで大規模な森林火災に見舞われたのがきっかけで、森林に住むくまをキャラクターとしたスモーキーベアが作りだされたのだそう。
アメリカの子供から大人まで知っている大変有名なスモーキーベア。ミルクグラスマグはもうないですが、スモーキーベアグッズはアメリカ各地で今も販売されています。森林局と広告メディアだけに製造と販売を許可され、その収入は森林火災を防ぐ為に使われるのだそうです。
このグラスベイクマグもアメリカの森林火災防止に一役買っていたのですね。
スモーキーベアマグも倉庫ででますので、お楽しみに!



愛知県瀬戸市水無瀬町の倉庫で2010年7月中旬から
約一ヶ月ミルクグラスを販売します。
大量に出しますので、見ごたえがあると思います。詳細
はこちらのブログ、または、ホームページ
http://www.twindolphin.jp/にてお知らせいたしま
す。
  

Posted by DoodleDiary │コメント(0)

2010年05月24日 20:24

マクドナルドシリーズ




今日は諸事情で更新を見送ろうかと悩んだ末、画像だけカメラパチリ。
マクドナルドマグと、カナダマックマグです。ビンテージトレイも一緒です♪

愛知県瀬戸市水無瀬町の倉庫で2010年7月中旬から
約一ヶ月ミルクグラスを販売します。
大量に出しますので、見ごたえがあると思います。詳細
はこちらのブログ、または、ホームページ
http://www.twindolphin.jp/にてお知らせいたします。
  

Posted by DoodleDiary │コメント(0)