2010年05月16日 15:16

ヘーゼルアトラスのリップルシリーズ




ヘーゼルアトラス社のリップルシリーズをアップしてみました。
リップルはプレートの端にフリルのようなウェーブが縁取られていてとてもかわいらしく、おうちカフェや見せるインテリアにぴったりです。 個人的に、ほど良く焼き色をつけたワッフルのサイドに濃厚なアイスクリームやクリームと色付けにフルーツをのせるとお店で食べているのとかわらないくらいのワクワク感がありますウィンク




1940~60年代に作られ、当時はリップルという名前ではなく、ウェーブの形から「ペチコート」や「ラザニア」等と呼ばれていたようです。「今日はラザニアのお皿にしましょう」と言っていたのでしょうか?
ピンクとターコイズ以外にホワイトがあります。




リップルはカップの持ち手が普通のものとビーズが繋がったような形のものがあります。画像に載っている以外にもマグやタンブラーなどもあります。




ヘーゼルアトラス社はミルクグラス以外にも緑や紫色、ブルーの透明グラスを製造していました。ヘーゼルアトラス社のミルクグラス商品はマグやボウルなどもあり、それに描かれている絵がとてもかわいく、今でもファイヤーキング同様に人気の高いコレクターズアイテムになっています。近いうちにマグやボウルなどもこのブログにアップしたいと思っています。


愛知県瀬戸市の倉庫でもグリーンやブルーのグラスを販売いたしますので見に来てください。
  


Posted by DoodleDiary │コメント(0)