2010年05月13日 13:34

ファイヤーキングスヌーピーマグ


ミルクグラスマグの中でも人気のスヌーピーシリーズ。
日本でもよく知られているスヌーピーは「ピーナッツ」というタイトルの中に出てくる主人公チャーリーブラウンの飼い犬として登場し、大人の口調で話す子供たち(チャーリーブラウンとそのお友達)が困ったり悩みを克服するマンガです。マンガの方は、作者チャールズ シュルツさんが2000年の1月に引退し、亡くなった翌月2月にの日曜版の新聞の漫画欄に最終回が掲載されました。それに伴いファイヤーキングのスヌーピーマグも価値が上がりました。

この形のマグは9オンスマグと言われ、日本ではたっぷりめの約270mlの容量が入ります。このタイプのマグにはファイヤーキングの刻印とアンカーホッキングの刻印があります。
チャーリーブラウンのマグの反対側はこんな文字が・・↓
 
"I feel strangely confident today"

今日は妙に自信あり」 
いろんなシチュエーションで使えそうな言葉だったりしますね。・・・私にぴったりのマグだったりします笑顔汗




こちらは1980年の大統領選挙のときにシリーズで作られたマグ。全4個あります。
ちなみにこちらはナンバー1です。


 
 こちらはNOELマグ。ノエルとは、クリスマスの季節という意味で、スヌーピーがクリスマス準備をしてます。 なぜ、「うしししし」という笑いをしているのか知りたいところですしっしっし まだ紹介していないスヌーピーマグもありますが、今回はここまでです。


  


Posted by DoodleDiary │コメント(0)