2011年11月09日 23:29

きらきら綺麗なグラス


ファイヤーキングを含めたアンカーホッキング社、ヘーゼルアトラス社、フェデラル社、インペリアル社など、1920年ごろのアメリカの恐慌時代に作られたディプレッショングラスと呼ばれるグラスです。グラス会社が合併したり、倒産したりし、会社の名前が変わってもグラスのデザインはそのまま生産されたりしています。それをリプロダクト商品といいますが、ディプレッショングラスのリプロダクトもディプレッショングラスとくくっている方と、リプロダクトはディプレッショングラスには入らないという方といるようです。
リプロダクトといっても、1970年代製造なので、グラスの厚みなどが違いますが、ビンテージ商品なんだと私は思うのですが、どうでしょうか?
アメリカでは、ディプレッショングラスを集めている、もしくは持っている家庭が多いです。
昔のグラスは現代のグラスにはない独特な雰囲気が好きです。
昼間の光に当てた輝きも素敵ですが、夜、部屋の片隅に少しだけ光が当たるグラスの雰囲気にも癒されます。


愛知県瀬戸市水無瀬町の倉庫で2011月11月中旬から3週間ファイヤーキングなどのミルクグラスを販売いたします。
詳細はホームページhttp://www.twindolphin.jp/にてお知らせしています。



同じカテゴリー(ディプレッショングラス)の記事画像
ディプレッショングラス
大人のディプレッショングラス
同じカテゴリー(ディプレッショングラス)の記事
 ディプレッショングラス (2011-10-28 17:26)
 大人のディプレッショングラス (2010-07-09 22:51)

Posted by DoodleDiary